ダイエット薬「ゼニカル」の効果と副作用

ゼニカルは脂肪の吸収を抑える

ゼニカルの効果は、食事のカロリーをセーブすることです。主成分「オルリスタット」の働きで、食事に含まれている脂肪の吸収を大幅にカットします。

オルリスタットは、高カロリーで燃焼されにくい脂質に働きかけます。脂肪を分解する消化酵素「リパーゼ酵素」の働きを阻害します。その作用で、脂肪の吸収をおよそ30%カットするのです。

基礎代謝を維持するために必要な栄養素(糖質・タンパク質など)は、身体にそのまま吸収されます。ストレスなく健康的に痩せられるのです。

ゼニカルは経口内服薬です。水と一緒に飲んでください。服用量は1日3錠で、毎食1錠ずつ飲みます。服用のタイミングは食中から食後の間がベストですが、食前でも構いません。

日本では成功しやすいダイエット法として注目されています。「食事制限や運動を頑張ってみたけどうまくいかなかった」という方にもおすすめです。

ゼニカルでダイエット 気になる副作用は?

ゼニカルの主な副作用は、消化器症状とビタミン不足です。ゼニカルを飲み始めてから、およそ3カ月以内に起こります。

腹痛、下痢、おならの増加、急な便意、便失禁といった症状があげられます。また、吸収されなかった脂肪が、便とともに排出されるようになるのです。

副作用は1週間から4週間で軽減されますが、まれに数カ月続くケースもあります。症状が落ち着くまでは、ナプキンなどを使うと良いでしょう。

ゼニカルを使っていると、ビタミン不足になりやすくなります。なぜなら、一部のビタミンは脂肪と一緒に吸収されるからです。ビタミンA,D,E,Kやβカロテンがあげられます。

ゼニカルを使う間は、市販のサプリメントでビタミンを補う必要があります。サプリメントを飲むときは、寝る前に摂ると良いでしょう。ゼニカルを飲む前後2時間は避けてください。

まれに、肝臓障害や胆石症が起こります。身体の不調を感じたら、医師に相談しましょう。

また、通常のダイエット中に起こる症状もあらわれます。頭痛、生理不順、めまいなどがあげられます。これらの症状は、体重が急激に減ったときに起こりやすいです。

無理な食事制限などで栄養不足にならないよう、気をつけてダイエットしましょう。