ゼニカルでダイエット!

ゼニカルは無理なくダイエットできる

肥満治療薬「ゼニカル」は飲み薬のため、簡単にダイエットができます。

脂肪の吸収を防ぐ作用を持つため、油っこい食べ物が好きな人におすすめです。食事のときに飲むだけなので、食事制限や運動を必要としません。

食事制限は食べたいものを我慢するため、ストレスが溜まってしまいます。運動でカロリー消費するダイエットも、人によってはストレスや疲労感を感じるでしょう。そういった思いをせずにダイエットできるのがゼニカルなのです。

食事を我慢すると、抑えていた気持ちが爆発して、リバウンドしてしまうこともあります。しかし、ゼニカルは飲むだけなので、食事制限や運動によるダイエットと比べて、リバウンドしづらいのです。ゼニカルを飲みながら、適度な食事制限と無理のない運動をすれば、より効果を得られます。

ゼニカルは安全性の高い薬!ただし副作用に注意

ゼニカルは世界で一般的に使われている薬です。1998年にアメリカ食品医薬品局(日本の厚労省のような機関)に認可されており、安全性が確認されています。

また、開発元の「エフ・ホフマン・ラ・ロシュ社」は、伝統ある世界的な製薬会社です。そのため、品質と効果は多くの国で信頼を得ているのです。

重度の肥満患者を対象とした数多くの治験結果から生まれたため、安全性の高い薬です。しかし、副作用が全くないというわけではありません。

ゼニカルの主な副作用は下痢です。内服後初期に起こりやすいですが、体がなれていくので、症状はだんだん和らぎます。下痢が長く続く場合は、服用を一旦やめて、医師に相談しましょう。

また、もう一つの副作用として、ビタミンA・D・E・Kなどが不足します。必要に応じてサプリメントを飲むなど、日常生活の中でビタミンを多く取るようにしましょう。ビタミンはダイエットや美容、健康に重要な栄養素です。

ダイエット薬「ゼニカル」は通販で安く買える!

ゼニカルは個人輸入サイトで取り扱っている

ダイエット薬のゼニカルは、個人輸入を利用すれば安く購入できます。

海外から個人輸入している通販サイトでは、ジェネリック製品を多く取り扱っています。国内で処方してもらうと高額になりがちな医薬品も、安く買えるメリットがあるのです。

ゼニカルは人気のダイエット薬です。個人輸入で海外製品を買った場合、最安値で1錠当たり150円前後です。ジェネリック製品の場合、最安値で70円前後です。正規品のおよそ半額で購入できます。

ダイエット薬は、継続して服用する必要があります。なるべく費用を抑えたい人には、海外から購入するのが最適です。

ほとんどの通販サイトは、まとめ買いで送料が無料になります。また、日本語で対応もしてもらえます。電話でサポートに応じてくれるショップもありますので、ダイエット薬を購入したい方は、海外のサイトを利用するのがおすすめです。ゼニカルだけでなく、様々な薬の後発品も安く買えます。

ダイエット外来の費用は自己負担

本では、ダイエットのためにゼニカルを処方してもらう場合、ダイエット外来などを受診します。美容目的の場合、健康保険は適用になりませんので、全額自費になります。

ゼニカルの費用は1錠あたり300円程度です。病院に通ってダイエットをすると、1か月あたり18000円前後の費用がかかると考えておくと良いでしょう。クリニックによって薬の価格が異なり、もう少し高いクリニックもあれば、より安く処方してくれる医療機関もあります。

病的な肥満と医師が診断した場合は、健康保険が適用されます。一般的には自費診療となりますので、健康保険は適用されないと考えておきましょう。リーズナブルな美容外科では1錠当たり200円程度、1箱1万円以下で処方してもらえます。

ゼニカルで無理なく簡単にカロリーカット!

ゼニカルはダイエットを助けるサプリメント

「運動してもなかなか痩せない」「目標体重に届くまでダイエットが続かない」そんな人におすすめなのがダイエットサプリメントです。

ダイエットサプリメントは、脂肪を燃焼するものや、腸内環境を改善するものなど、様々な製品があります。脂肪燃焼型のダイエットサプリメントで、評判を呼んでいるのが「ゼニカル」です。

ゼニカルを製造しているのは、スイスで100年以上の歴史をもつ製薬会社です。信頼性が高く、世界17ヵ国で多くの人が減量に成功しています。

ゼニカルを使えば、食事制限をすることなく、カロリーの摂取を抑えられます。ストレスでイライラすることなく、自然にスリムになれるのです。

ゼニカルは脂肪の吸収を抑える

ダイエットのために食事制限をしていると、食べたいものを食べられず、不満をため込んでしまいがちです。

無理な食事制限は、ダイエット失敗の原因となります。目標体重まで痩せたあと、開放感からそれまで我慢していたものを食べすぎてしまい、リバウンドを起こしやすいからです。

ダイエットを成功させるためには、無理なく、自然に痩せていくことが大切です。ゼニカルは、無理のないダイエットをサポートするサプリメントです。

ゼニカルの主成分「オルリスタット」が、脂肪の吸収を抑えてくれます。そのため、高カロリーのものを食べることが多い飲み会なども、気にせずに参加できるのです。

ゼニカルは毎食一錠ずつ飲みます。ゼニカルの効果が最もよく働く、食中から食後の間に飲みましょう。

ダイエット薬「ゼニカル」の効果と副作用

ゼニカルは脂肪の吸収を抑える

ゼニカルの効果は、食事のカロリーをセーブすることです。主成分「オルリスタット」の働きで、食事に含まれている脂肪の吸収を大幅にカットします。

オルリスタットは、高カロリーで燃焼されにくい脂質に働きかけます。脂肪を分解する消化酵素「リパーゼ酵素」の働きを阻害します。その作用で、脂肪の吸収をおよそ30%カットするのです。

基礎代謝を維持するために必要な栄養素(糖質・タンパク質など)は、身体にそのまま吸収されます。ストレスなく健康的に痩せられるのです。

ゼニカルは経口内服薬です。水と一緒に飲んでください。服用量は1日3錠で、毎食1錠ずつ飲みます。服用のタイミングは食中から食後の間がベストですが、食前でも構いません。

日本では成功しやすいダイエット法として注目されています。「食事制限や運動を頑張ってみたけどうまくいかなかった」という方にもおすすめです。

ゼニカルでダイエット 気になる副作用は?

ゼニカルの主な副作用は、消化器症状とビタミン不足です。ゼニカルを飲み始めてから、およそ3カ月以内に起こります。

腹痛、下痢、おならの増加、急な便意、便失禁といった症状があげられます。また、吸収されなかった脂肪が、便とともに排出されるようになるのです。

副作用は1週間から4週間で軽減されますが、まれに数カ月続くケースもあります。症状が落ち着くまでは、ナプキンなどを使うと良いでしょう。

ゼニカルを使っていると、ビタミン不足になりやすくなります。なぜなら、一部のビタミンは脂肪と一緒に吸収されるからです。ビタミンA,D,E,Kやβカロテンがあげられます。

ゼニカルを使う間は、市販のサプリメントでビタミンを補う必要があります。サプリメントを飲むときは、寝る前に摂ると良いでしょう。ゼニカルを飲む前後2時間は避けてください。

まれに、肝臓障害や胆石症が起こります。身体の不調を感じたら、医師に相談しましょう。

また、通常のダイエット中に起こる症状もあらわれます。頭痛、生理不順、めまいなどがあげられます。これらの症状は、体重が急激に減ったときに起こりやすいです。

無理な食事制限などで栄養不足にならないよう、気をつけてダイエットしましょう。